美容内科

プラセンタ注射

内服薬

 

プラセンタ注射

プラセンタとはplacenta-img

プラセンタとは胎盤のことで、母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器です。もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられ、役目を終えると出産とともに母体外に排出されます。受精卵は、わずか10ヶ月の間に平均3Kgもある赤ちゃんへ成長しますが、この驚異的な成長を育むのがプラセンタで、胎児の成長に必要な生理機能や栄養素を含み、体内において各器官を本来あるべき状態に戻そうとする調整作用を持っています。このため自然治癒力を高める自然薬として注目され、医療用医薬品や一般医薬品として広く利用されています。
また、最近ではプラセンタの持つ抗老化効果も注目されています。一般に年を重ねるにしたがって全身の機能が低下していきますが、これは一つの器官の機能が低下している状態ではないため、単一の効果しか持たない薬剤では治療することができません。プラセンタには多数の生理活性物質が自然のままの状態で含まれているため、全身の器官の機能低下に対応することができます。また、老化の大きな特徴は全身の細胞数の減少ですが、様々な細胞増殖因子を含むプラセンタは、新しい細胞を作ることにより、老化した身体を細胞レベルで若返らせます。
医療機関で使用されているヒトプラセンタは、もともと肝炎や更年期障害などの治療に使われていましたが、治療を受けた方から「肌がきれいになった」「シミが薄くなった」「疲れがとれやすくなった」などの反響があり、次第に美容目的としても使われるようになっています。当クリニックでは、ヒトプラセンタの筋肉注射のほか、つぼ打ちやお顔への注射も行っていますので、お肌の老化やシミが気になる方、脱毛症・更年期障害・肩こりや腰痛でお悩みの方は是非お試しください。

 

プラセンタの有効成分

アミノ酸、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、様々な酵素、細胞増殖因子、サイトカイン

 

プラセンタの作用

  • 美白:シミの元であるメラニン色素の生成を抑えると共に、シミ・くすみを取ります。
  • 保湿:高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を維持します。
  • 細胞の増殖・再生:ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高めターンオーバーを正常化し、健康的な肌を作ります。
  • コラーゲン生成促進:肌の張りや弾力に必要なコラーゲン生成を促します。
  • 血行促進:末梢の血行を促し、冷え性を改善し、健康的な美しい肌を作ります。
  • 抗酸化作用:老化の原因となる活性酸素の発生を抑えたり中和したりします。
  • 抗炎症作用:ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
  • 抗アレルギー作用:免疫システムを調整回復し、アレルギー反応を抑制します。
  • 免疫賦活:免疫力を高め、強く健康的な肌を作ります。
  • アミノ酸の補給:皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。
  • ホルモンバランスの調整:生理不順や更年期障害などの症状を緩和します。
  • 肝機能の改善:毒素を排出する肝臓の機能が高まることでデトックス効果が期待でき、飲酒後の二日酔いの防止と治療などに効果があります。

     

プラセンタの効能

  • 内科系:肝炎、肝硬変、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、気管支喘息、慢性気管支炎、便秘
  • 婦人科:更年期障害、月経困難症、冷え性、生理痛、乳汁分泌不全
  • 皮膚科:美容・美白・若返り(シミ、シワ、たるみ)、脱毛症、ニキビ、アトピー性皮膚炎、湿疹
  • 耳鼻科:アレルギー性鼻炎、メニエール病
  • 整形外科:肩こり、腰痛、慢性関節リウマチ、変形性関節症、神経痛、五十肩
  • 泌尿器科:前立腺肥大
  • 眼科:アレルギー性結膜炎、視力低下
  • 歯科:歯周病、顎関節症
  • 精神神経科:うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症
  • その他:疲労倦怠改善、精力増進・滋養強壮、虚弱体質、病中・病後の体力回復、風邪予防

     

治療法

  • 薬品名:ラエンネック、メルスモン
  • 注射方法:筋肉注射・皮下注射
  • 注射間隔:週に何回注射しても問題はありませんが、一般的には1週間に1回、各1〜2アンプルの注射がお勧めです。

     

オプション

  • プラセンタ(つぼ)
    肩こりや腰痛でお悩みの方は、痛みが強い部分に直接注射をすることで、より高い効果が期待できます。

     

  • プラセンタ(法令線)
    メソセラピー手法をプラセンタ治療に応用しました。法令線の真皮内にヒトプラセンタを少量ずつ注入することで、よりダイレクトな効果を発揮できるため、法令線が気になる方にお勧めです(ただし、ヒアルロン酸注射とは違い、即効性はありません)。
    痛みを極力少なくするために、施術部位を冷やしながら極めて細い針で注射していきますが、それでも真皮内への注入はある程度の痛みを伴います。痛みが気になる方はクリーム麻酔をして施術することもできます。※クリーム麻酔時は税抜2,000の別途料金が必要になります。また施術時間が麻酔時間の分(約30分)長くなります。


副作用

重篤な副作用はありません。軽い副作用として、注射部位の発赤・かゆみ、注射部位が重く感じる、などが時に認められますが、いずれも半日以内におさまります。
プラセンタ(法令線)の場合は、内出血が起こる可能性があります。


ヒトプラセンタ製剤について

薬剤の製造に際しては、ウイルスや細菌が混入しないよう十分な対策がとられ、梅毒、結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、エイズ、成人T細胞白血病、リンゴ病などの陰性が確認されています。また、ヒトプラセンタの投与により感染が起こったという報告は、現在までに一例もありません。しかし、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクを理論的には完全に否定することはできないため、ヒトプラセンタを注射された方は献血を控えることが求められています。これはあくまでも「可能性が完全否定できないから」というリスク回避の為の処置であり、「感染例の報告があった」「感染のリスクが高まった」ということでは一切ありませんが、処方は上記を十分にご理解いただいた上で行っておりますので、何卒ご了承ください。

料金

注射名薬液量価格(税抜
プラセンタ(筋肉注射・皮下注射)1アンプル1,000円
プラセンタ(つぼ)2アンプル2,500円
プラセンタ(法令線)1アンプル5,000円

※プラセンタ(法令線)でクリーム麻酔をご希望の場合は、別途料金として税抜 2,000円が必要になります。

 

 

Q&A

Q. プラセンタにはホルモンは入っていませんか?
A. 製造の過程でホルモンはすべて除去しますので、一切入っていません。
Q. 注射を打ったら、その周りが温かくなるのは何故ですか?
A. プラセンタに血行促進作用があるためです。

 

内服薬

ビタミン薬やコエンザイムQ10、エイコサペンタエン酸(EPA)、亜鉛、漢方薬などの内服薬を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ページ上部へ戻る