ライムライト・アキュティップ

(1) ライムライト

ライムライトとはCUT-090806-0173_

Xeo(ゼオ)という美容医療治療器を用いた最新の光治療です。
従来のレーザーや光治療器の多くは欧米製で白人向けに開発されたものが多く、日本人などの黄色人種の肌に対しては効果が出づらいデメリットがありました。ライムライトは開発の段階から日本人医師が携わることで黄色人種の肌の特性を踏まえた設計になっており、日本人に多い「日光性色素斑」や「そばかす」の治療に高い効果が得られるのが特徴です。1回でかなりの効果が出ることもありますが、通常は他の光治療機同様、シミを消すと言うよりは複数回かけて少しずつ薄くしていく治療です。治療時の痛みも少なく、施術後すぐにメイクも可能です。また、ライムライトは520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル以外にも、小ジワ・毛穴の開き・ニキビなどの幅広い症状の改善にも効果的です。さらに真皮層のコラーゲンの増生を促し、ハリのある若々しい肌へと導きます。

※Xeo(ゼオ)とは 

米国キュテラ社が開発したFDA(食品医薬品局)承認の美容XeoUnit医療治療器で、付帯するハンドピースを使い分ける事で、様々な肌トラブルに対応することができます。当クリニックでは、「ジェネシス」(小ジワ・毛穴・ニキビ・ニキビ痕・赤ら顔・クマ)、「ライムライト」(シミ・ニキビ・赤ら顔・毛穴)、「アキュティップ」(シミ・毛細血管拡張)の3つのハンドピースを肌質や悩みに応じて使い分けています。一度に複数の施術を受けることも可能で、その場合施術の相乗効果や時間の短縮などのメリットがあります。

ライムライトの効果

〔表皮に対する作用〕
●ターンオーバー促進➡キメの改善
●停滞したメラニンの排泄➡くすみの改善、美白効果
●色素の濃い部分に反応➡シミ・そばかすの改善
●赤みの強い部分に反応➡ニキビ・ニキビ痕の赤み

〔真皮に対する作用〕
●拡張した血管に反応 ➡毛細血管拡張症の改善
●線維芽細胞、真皮コラーゲンへの熱作用➡コラーゲン増生、肌の質感、ハリの改善、毛穴の開きの改善

ライムライト…こんな方におすすめ

  • シミ・そばかすが気になる
  • キメの乱れが気になる
  • 小ジワが気になる
  • ニキビ痕を改善したい
  • 赤ら顔が気になる

(2) アキュティップ

アキュティップとはCutera Print 375

アキュティップはライムライトと同じく光治療器ですが、照射スポットが小さいため今までの光治療器では反応しにくかった薄いシミやそばかすにも効果を発揮します。小さいシミや赤み、鼻の周りの毛細血管にもピンポイントで照射することが可能です。ピンポイントでしっかり照射する分、ライムライトより強く反応させることが出来ますが、やはり光治療機ですので、シミを消すと言うよりは複数回かけて少しずつ薄くしていく治療ととらえた方が良いと思います。シミがたくさんある場合は、ライムライトと組み合わせて治療する方が効果的で、フォトブライト治療とも呼ばれています

アキュティップの効果

・シミ・そばかすの改善・毛細血管拡張症の改善

アキュティップ…こんな方におすすめ

・ポイントで特に気になるシミがある
・小鼻や頬などに毛細血管が浮き出ている

(3) 施術の流れ

予約
当院は完全予約制となっております。まずはお電話にて希望の施術日をご予約ください。

診察・カウンセリング(30~60分)
専門の医師がご要望・お悩みをうかがった上で、既住症やアレルギーの有無、普段のスキンケアなどを確認後、治療の適応について判断し、効果や注意事項についてご説明します。
※お肌の状態(日焼けや炎症・肝斑があるときなど)によっては、スキンケアなどにてコンディションが落ち着くまで施術を延期させていただくことがあります。施術のリスクを極力低くし、効果を高めるために大変重要ですので、あらかじめご了承ください。

光照射
洗顔後、目を保護するゴーグルを着けていただき、お顔全体(アキュティップの場合はシミの部分のみ)にジェルを塗布し、照射していきます。時に輪ゴムで弾かれるような痛みを感じる場合もありますが、痛みは全体的に軽度です。ライムライトの照射時間は20〜30分程です。アキュティップの照射時間はシミの数や大きさで変わりますが、小さなシミ数個であれば通常5~10分程です。

冷却
照射後はジェルを拭き取り洗顔をしていただいた後、クーリングを行いお肌の鎮静をします。

整肌
ビタミンC美容液、化粧水などでお肌を整え終了となります。施術後すぐにメイクをしてお帰り頂けます。

(4) 料金

ライムライト

部位 価格 (税抜
毎回 3回セット セット終了後毎回(4回目以降~)
全顔 32,000円 91,200円 30,400円

※3回セットの契約期間は、契約日から1年間となります。
※毎回で施術を継続された方も4回目以降(トライアルは除く)はセット終了後毎回の割引価格となります。

アキュティップ

部位 価格 (税抜
毎回 3回目以降またはライムライト施術時
希望部位

1エリア(直径5㎜の円=約20平方ミリ)につき2,000円

1エリア(直径5㎜の円=約20平方ミリ)につき1,000円

「ライムライト」 トライアル(お一人様一回限り):全顔 税抜 15,000円

「ジェネシス +ライムライト」 トライアル(お一人様一回限り。過去にジェネシスまたはライムライトのトライアルを受けられた方は対象外とさせていただきます。):全顔 税抜 20,000円

 

(5) 治療間隔と回数

3~4週間おきに5回ほど続けることで、紫外線や老化による肌の色むら、質感の乱れを改善し、理想の肌状態へ導きます。個人差がありますが、通常1回の治療では劇的な効果は期待できず、繰り返し行うことで効果が現れてきます。気になる症状が改善した後は、効果を維持するために、3ヶ月に1回程度の割合で施術を受けられることをお勧めします。

(6) 施術後に起こりえる皮膚反応

赤みやほてり
施術後は、お肌が多少赤くなったり、ほてり感を感じることがありますが、通常は数時間で落ち着いてきます。気になる場合はアイスパックなどでクーリングをしてください。万が一、症状が続くようでしたらクリニックまでご連絡ください。

かさぶた(マイクロクラスト)
シミ、そばかすの部分がマイクロクラストという薄く細かいかさぶたになることがあります。この場合は普段よりもシミやそばかすが濃く見えるので、気になる場合はコンシーラーを使うことをお勧めします。マイクロクラストは通常1週間程度で自然にはがれますので、決して擦らずにそっとしておいてください。念のため、大事なご予定がある場合は、その2週間以上前に治療を受ける事をお勧めします。

白ニキビ
毛穴が引き締まることで、白ニキビが出来ることはありますが、1週間程度で落ち着きます。

(7) 注意事項

効果的かつ安全にライムライトの施術を行っていくため、以下の点に十分ご注意ください。

入浴について
シャワーは当日から可能です。湯船につかる入浴やサウナ・温泉・岩盤浴などは施術当日はお避けください。また洗顔時は泡で優しく洗うよう心掛けてください。

紫外線対策を十分に行ってください。
施術前後に強い日焼けをすると予期せぬ副作用の原因になりますので、日焼けには十分ご注意ください
安全のため、日焼けをした場合は施術は最低2週間はあける必要があります。状態によっては4週間以上あける方が良いこともありますので、予約後に日焼けをしてしまった場合は必ずご連絡ください
なお、日常的な日焼けはお肌の老化を進行させ、小ジワやシミの原因にもなりますので、治療期間外でも十分な紫外線対策を行うことをお勧めします。

ライムライト・アキュティップ よくあるご質問

Q. ライムライトやアキュティップの治療に痛みはありますか?
A. 時に輪ゴムで弾かれるような痛みを感じる場合もありますが、痛みは全体的に軽度で、麻酔を必要とするほどではありません。施術中は痛みの確認をしながら照射しますのでご安心ください。

Q. 施術後に気をつけることはありますか?
A. 施術直後からメイクも可能です。シャワーは当日から可能ですが、湯船につかる入浴やサウナ・温泉・岩盤浴などは施術当日はお避けください。また、洗顔時は泡で優しく洗うよう心掛けてください。治療期間中は日焼け止めを塗って、紫外線対策を十分に行って下さい。

Q. 治療後の反応はどうですか?
A. 治療後はシミ、そばかすの部分がマイクロクラストという薄く細かいかさぶたになることがあります。この時期もメイクは可能ですが、普段よりもシミやそばかすが濃く見えることがあるので、コンシーラーなどで工夫されることをお勧めします。マイクロクラストは通常1週間程度で自然にはがれますので、決して擦らずにそっとしておいてください。

Q. ライムライトの治療時間はどれくらいですか?
A. 照射時間はお顔全体で20分~30分くらいです。

Q. アキュティップの治療時間はどれくらいですか?
A. 照射部位の大きさや個数にもよりますが、通常は5分~10分くらいです。

Q. 何回くらい行う必要がありますか?
A. 3~4週間おきに5回ほど続けることで、紫外線や老化による肌の色むら、質感の乱れを改善し、理想の肌状態へ導きます。個人差がありますが、通常1回の治療では劇的な効果は期待できず、繰り返し行うことで効果が現れてきます。気になる症状が改善した後は、効果を維持するために、3ヶ月に1回程度の割合で施術を受けられることをお勧めします

Q. シミ取りレーザー(Qスイッチレーザー)との違いは?
A. Qスイッチレーザー治療は強力なエネルギーで照射しますので、効果は通常のレーザー・光治療よりも強力です。また通常のレーザー・光治療では反応しない後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)の治療も可能です。デメリットとしては治療後1週間ほど施術部位をテープで保護する必要があることや、治療後に炎症後色素沈着を起こす率が30~40%と高いため、治療経過が長くなる場合があることです。ライムライトやアキュティップの効果はQスイッチレーザーに比べるとマイルドで、シミを消すというより薄くする治療になりますが、その分、治療後の赤みや色素沈着などの合併症のリスクを抑えることができます。またライムライトはシミに効果があるだけでなく、お肌全体を健康的に輝かせることも目的とした治療です。

Q. ライムライトはその他の治療と併用はできますか?
A. はい。ジェネシスとの組み合わせは更に高い効果が期待できます。

Q. 肝斑のようなシミがありますが、ライムライトの施術は受けられますか?
A. ライムライトには肝斑の治療モードもありますが、あくまでも補助療法であり、メインの治療はスキンケアと内服療法と考えていますので、当院ではスキンケアとトラネキサム酸やビタミンCの内服で経過を見て、数ヶ月後に施術を行う場合が多いです。シミの見極めは非常に難しいので、自己判断をせずにまずは気軽に診察をお受けください(診察料は無料です)。お肌の悩みに応じた治療法をご提案します。

Q. 治療後にシミが再発することがありますか?
A. 再発は起こりえますが、紫外線対策など日常のお手入れをしっかり行っていくことでかなりの部分防ぐことができます。当クリニックでは日常のお手入れとして飲む日焼け止め(ヘリオケアウルトラ)、美白剤(ルミキシルやハイドロキノンなど)もありますので、お気軽にご相談ください。また、定期的に治療を受けることも有効です。

Q. アキュティップのみの施術は可能ですか?
A. はい。気になるところが数ヶ所のシミだけの場合はご相談ください。

※シミの診断と治療

シミにはいくつか種類があり、それに応じて治療法も異なりますので、正確な診断を無くして効果的な治療は行えません。ライムライトは日本人のシミに有効と言われていますが、シミの種類によってはほとんど効果が無い場合もありますので、気になる方はまず一度診察をお受けください(診察料は無料です)。その他の治療が有効と思われる場合は診察時にご案内します。

一口にシミといってもいろいろありますが、ここでは代表的なシミとその特徴をあげてみます。

日光性色素斑(光老化)…ライムライト・アキュティップ適応:○
長年紫外線にさらされた顔や腕、手の甲などによくみられる褐色から黒褐色の円形のシミです。このシミは原因が紫外線にあると考えられていて、加齢とともに誰にでもできます。初老の頃から顕著になりますが、早い人は20代頃から出現します。ライムライトやアキュティップの良い適応ですが、性状により効果は異なります。理論上は濃く、小さい程反応しやすいと考えられます。1cm以上の大きめのものは、複数回かけて少しずつ薄くなっていことが多いです。

脂漏性角化症(老人性疣贅:ろうじんせいゆうぜい)…ライムライト・アキュティップ適応:△
表面が盛り上がったシミです。色の濃さや形態がバラエティーに富んでいます。一見日光性色素斑のように見えるシミをよく観察すると、わずかにイボ状に盛り上がっているということもよくあります。
皮膚科の教科書では、老人性色素斑は色素異常、老人性疣贅は皮膚良性腫瘍と分類されますが、角化細胞の異常という点で両者は本質的に同じものと考えることができます。ライムライトやアキュティップで色調が薄くなることは期待できますが、隆起は改善できないため、あまり盛り上がっていないものが治療の対象になります。

そばかす…ライムライト・アキュティップ適応:○
遺伝傾向のあるシミで、幼少期から2~3㎜の細かい褐色斑が顔の両側に多発します。鼻にも存在するのが特徴です。ライムライトやアキュティップの良い適応ですが、再発しやすいため施術前後の紫外線対策が大変重要です。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)…ライムライト・アキュティップ適応:×
後天性真皮メラノサイトーシス(略してADM)は、比較的新しい概念のシミです。一般的なシミはメラニンが表皮内で増えているものが多いのに対して、ADMでは真皮内で増えているのが特徴です。典型的なADMは、20歳以降に両側の頬に小さい斑点状のシミとして出現します。両側の額の生え際や両側の下まぶたに地図状に広がることもあります。メラニンが皮膚の奥(真皮)に存在するため、通常のレーザー・光治療では治療できず、ライムライトやアキュティップの適応にはなりません。ライムライトのモードを工夫すると、少しだけ反応する可能性がありますが、一般的には専用のシミ取りレーザー(Qスイッチレーザー)による治療をお勧めします。

炎症後色素沈着症…ライムライト・アキュティップ適応:×
ニキビが潰れたあと、皮膚をかきむしったあと、ケガが治ったあとのシミ(色素沈着)です。これは炎症による刺激で発生したシミですから、まずは低刺激な治療を心がけます。

肝斑(かんぱん)…ライムライト・アキュティップ適応:△~×
このシミは両頬部に左右対称に、場合によっては口の周囲や眉間のあたりにも出現することがあります。くすんだ色をした境界不明瞭なシミで、広がり方は人によって様々ですが、上下まぶたの薄い皮膚の部分には生じません。30~40代以降の女性によく見られ、アジア人に多いのが特徴です。発症の原因はまだよく分かっていませんが、女性ホルモンが関与していること、紫外線に非常に敏感であることは知られています。また、洗顔や化粧などの顔をこする行為が肝斑を悪化させることも分かっています。肝斑はレーザーや光治療器で強力なエネルギーで照射すると一時的に濃くなることが多いため、通常はレーザーや光治療を行うことはあまりありません。最近はQスイッチレーザーによるレーザートーニングという治療も普及してきましたが、照射条件によっては白斑を生じる可能性があるので、当院では保存的治療を第一選択としています。日光性色素斑やそばかすなどレーザー・光治療な有効なシミと肝斑が混在している場合には、まずトラネキサム酸やビタミンCの内服療法を行い、肝斑を改善させた上で治療を行っていきます。なお、ライムライトには肝斑用の治療モードもありますが、内服療法の併用が前提になります。

ページ上部へ戻る